退職代行

退職代行サービスで失敗するケースを調査しました。予測リスクと対策まとめ

 

 

 

この記事は、

退職代行サービスの利用を、
検討している方向けの記事になり、
失敗したケースを調査しました。

 

この記事を読むことで、

退職代行サービスを、

利用するか、
やめとくか、

判断材料がつきます。

あとは、
ご自身で検討してみて下さい。

 

 

なお、この記事を書いた、

私の簡単な自己紹介をしておきます。

 

自己紹介

私は人生相談の仕事を約30年しており、

会社勤めで悩む、
多くの皆様の声を聞いてまいりました。

そこで、50才になり、

いのち輝くプロジェクトを立ち上げました。

会社勤めで悩む、ビジネスパーソンに向けて、
会社にも縛られない、

自分軸を大切にした、
自分らしく生きるための、

情報発信をして、
ビジネスサポートをしております。

個人で稼ぐ情報を発信中です。

無料で人生相談も受付中❗️

→お問い合わせ

 

会社を辞めようかと、迷っている時に、

退職代行サービスを使って、
辞める人が増えてると聞いて、

自分も利用しようかなと、迷います。

 

でも、

何か、不安になりますよね。

 

退職代行サービスを使って、失敗したらどうなる?

退職代行サービスって、信頼できるの?

退職代行サービスの利用って、いくらかかるの?

 

などなどです。

 

お金を払って退職代行を利用して、
失敗してしまったらどうするの?

不安になりますよね。

 

どんなリスクがあるのか、
失敗しない対策はあるのか、

知っておきたい所です。

 

 

そこで、今回は、

 

退職代行サービスを利用して、
失敗したケースはあるのか、

あるなら対策はどうしたら良いのか、
解説をします。

 

ポイント

◉退職代行サービスの失敗するケース

・予想リスク

・失敗しない対策

・おすすめ業者

 

できれば、

退職代行を利用せずに、辞めたいところです。

 

でも、

どうしても上司が怖くて、勇気がでないとか、
心も、身体も、もう限界って人だっています。

 

それなら、

会社員は、

会社を自由に辞める権利があるのだから、

 

退職代行サービスの利用は、

選択肢の一つです。

 

ココは、大事です。

 

選択肢の一つとして、

焦らずに、
今後どうするかを、考えて行きましょう。

 

私で良ければ、

いくらでも相談にのります。

 

→お問い合わせ

 

 

ここから、

あなたの、

 

新たな人生の一歩を、

歩みだせます!

 

 

 

 

退職代行サービスの失敗するケース 予想リスク

 

 

 

それでは、

退職代行サービスを利用して、
失敗するケースには、どんなのがあるのか、

予想リスクを解説します。

 

 

会社員は退職をする権利と自由がある

 

まず、

 

結論からお伝えしておきます。

 

退職をすることは、会社員の自由であって、

 

会社側が拒否することは、

できません。

 

これが、大前提です。

知ってましたか。

 

会社員は、

 

自由に退職する権利があるのです。

 

そのため、

 

退職の手段として、

 

退職代行を利用することは、

違法行為ではありません。

 

利用して良いんです。

 

しかし、

民法によって、
ルールは決められているため、
そのルールに従って辞める必要があります。

 

退職に関する民法627条では、

退職の2週間前に退職を伝えるという旨が、
記載されています。

 

このルールに従って、
退職代行を利用した場合は、

違法行為ではありませんので、安心してください。

 

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(引用:e-Gov法令検索 民法第627条より

 

つまり、

退職の意思表示をして、

 

2週間で、

退職ができることになります。

 

その、退職までの2週間も、

 

有給休暇・欠勤

いずれかで休暇を取得すれば、出勤しなくて済みます。

 

つまり、

退職代行が手続き等をしてくれるので、
会社に行く必要は一切、ありません。

あなたは、
お任せしておけばOKなのです。

 

ですが、

実際のところは、色々とあります。

 

解説します。

 

 

退職ができないケースは?

 

退職代行サービスを依頼するのは、
退職代行業者になります。

 

100社以上も存在しますので、
なかには、悪徳な業者も存在します。

 

でも、実際に、

退職代行を利用して、

失敗したなどの、事例を調べてみましたが、
あまり、ありませんでした。

 

先ほども、お伝えしましたが、

基本、会社員は自由に辞めれられる権利があり、
会社は認めないわけに行かないからです。

 

なので、

口コミなどの多くは、

利用して良かったとの、書き込みがほとんどでした。

 

退職する場合に、

真剣に悩んで、
退職代行を利用する人は沢山います。

思っている以上にいます。

 

利用者の多くは、

抱え込んだ心の荷物が下ろせて、
とても良かったとの、感想でした。

また、後ほどご紹介します。

 

さらに、

退職代行を利用して、失敗したケースはないのか、

Yahoo知恵袋でも調べてみました。

 

Yahoo知恵袋

 

Yahoo知恵袋は、
リアルな生の声が聞けます。

 

下記の質問がありました。

 

退職代行サービスについて。

退職代行サービスを使ったのですが、

業者が退職を伝えた数日後に、
手続きなどの為に出社することになってしまいました。

一般的に、退職代行サービス業者のホームページなどには「即日退職」 「出社する必要はありません」というような文言がありますよね。

この場合、結局改めて自分の口で退職を伝えているので 退職代行は半分失敗しているようなものではないかと思うのですが、 この様なパターンでも退職代行は成功なんでしょうか? ほとんどの業者が成功率100%と謳っているので気になりました。

 

この質問に対しての回答は、

以下でした。

 

こういう疑問は、そもそも注文時点での確認不足を物語っているにほかならないです。 物事を依頼するうえでは、口頭でも書面でも「注文内容」が契約となります。

くだんの代行業者のHP内容は知りませんが、質問者さんにも「契約」の認識が欠落していた印象が否めないです。実際に業者に対してこの文面どおりのクレームをつけても、おそらくは「希望事項は全然聞いてなかった」とかの方便でかわされることと…

 

退職代行サービスの失敗ケースと言えますね。

 

会社に行って手続きするのが嫌だから、

お金を払って、
退職代行サービスを利用するのであって、

自分が行って手続きするのなら、
業者を使う必要がありません。

 

失敗と言えます。

 

回答にもあるように、

事前にどこまでやってもらえるのか、
確認しておく必要があります。

業者選びの失敗と言えます。

 

 

退職にともなう嫌がらせのケース

 

退職代行を利用したら、

嫌がらせを受けた、なんて事になったら、
嫌ですよね。

 

実際は、

退職にともなう、嫌がらせを受ける多くは、

会社を辞めるときに起こる、事例が多いです。

 

パワハラや、
職場で無視されるといったイジメ、
強引な引き止めにより退職日の延期、

などなど、

退職にともなう嫌がらせは、絶えません。

こういった事例があるので、上司に相談できず、

 

退職代行を、

利用する人が増えているのです。

 

日頃からの、

コミュニティー不足が原因とも言えます。

 

一方的に、

あなただけが悪いのではなく、
会社全体の問題でもあります。

 

退職代行を利用するのも、

 

最善策ではないですが、

次善策ではあると言えます。

 

会社側が、一番困るのは、
音信不通になってしまうことです。

選択肢の一つとして、
ゆっくりと、考えましょう。

焦る必要はありません。
自分の掛け替えのない人生です。

 

自分の内なる声に耳を傾けて、

 

判断しましょう。

いくつかの、
トラブルをまとめてみました。

ご紹介します。

 

 

損害賠償を請求されるケースは?

 

会社を突然辞めた場合、

会社から損害賠償請求をされるケースはないか、
心配になりますよね。

 

結論から言うと、まずないです。

 

先ほどもお伝えしましたが、
会社員は自由に辞める権利があります。

職種にもよりますが、
よほどのことがない限り、

退職した従業員に対して、
損害賠償ということは考えられません。

従業員1名が退職して、
直ちに損害が生じることは考えにくいからです。

しかし、これも絶対ではありません。

どのような辞め方でも、

絶対に労働者側に責任が問われない
というわけでもない点は注意しましょう。

 

 

 

退職代行サービスの失敗しないための対策

 

 

 

退職代行を失敗しないためには、
対策が必要であります。

 

一番の対策は、

業者の選び方が重要になります。

 

いいかげんな業者も存在しますので、
退職代行に失敗しない業者の選び方など、

ポイントを解説します。

 

 

弁護士・労働組合が運営

 

退職代行の失敗ケースで多いのは、
会社と交渉ができない業者を選んでしまうことです。

 

会社と交渉ができる業者は、

弁護士と労働組合

上記、2つが運営する会社は、
交渉ができます。

退職代行業者を選ぶ際は、

 

弁護士か労働組合が運営する、

退職代行業者を選ぶことがポイントです。

 

交渉が必要な場合でも、

弁護士・労働組合が対応してくれるので、
安心して退職代行を依頼できます。

 

弁護士や労働組合というだけで、
会社側の対応は違ってきます。

通知を無視されたり、
損害賠償を請求されるなどの

リスクが大幅に軽減します。

 

 

即日対応をする業者

 

せかっく退職代行に頼むのであれば、
早く退職したいですよね。

即日対応をしてくれる、
退職代行業者に依頼すれば、

依頼した当日に対応してくれます。

 

退職代行業者を選ぶポイント、

即日対応が可能であることは重要です。

退職代行業者を選ぶ際には、
即日対応が可能であるのか確認すること。

 

なお、

「即日対応」でも、

退職までには2週間かかります。

未消化の有給休暇が2週間以上残っている場合は、

有給消化をすることで、
実質的には即日退社が可能になります。

有給などの交渉は、
弁護士か、労働組合が運営の業者になります。

 

 

アフターフォローをしっかりしてくれる業者

 

退職代行業者を利用して、

退職に成功した場合でも、
健康保険証や制服などの返却が必要になります。

また、

退職届を書いて提出するなど、
手続きが必要にもなってきます。

信頼のおける退職代行業社であれば、
コレらは全て代理としてやってくれます。

業務の引き継ぎなども、
間を取り持ってくれます。

この辺りは、

契約の際に確認する必要があります。

また、

アフターフォローが充実している退職代行業者だと、

退職届の書き方や、
離職票の請求の仕方など、
退職手続きの方法もレクチャーしてもらえます。

 

 

退職代行の成功率100%の業者を選ぶ

 

なお、

私がオススメする、退職代行サービス

 

男の退職代行

わたしNEXT(女性の退職代行)

 

退職代行16年の実績があり、

成功率は100%です。

 

失敗しません。

 

失敗したら、返金保証付きです。

 

また、

労働組合が運営しており、会社側との交渉も可能です。

つまり、残業代や有給消化の交渉も、
可能と言うことです。

 

男の退職代行は、

退職代行協会から特級認定を受けています。

 

 

 

日本退職代行協会とは、こんな協会です。

特級認定は、

100以上の検査項目によって、
厳格かつ公正に調査および審査されたうえで
認められた退職代行業者のみに与えられます。

 

100個の以上の検査項目をクリアしているということは、
かなり信頼できると言えます。

 

また、

転職についてもサポートしてくれます。

 

先ほど紹介した、

男の退職代行・わたしNEXT

では、

次の転職先の、お世話活動もやっています。

お祝い金も最大5万円いただけて、
次のステップも安心です。

 

「男の退職代行」

 

男の退職代行はコチラ ↓

 

 

「わたしNEXT」(女性の退職代行)

 

女性の退職代行【わたしNEXT】はコチラ ↓

 

 

色々と調査した結果、
おすすめの退職代行となります。

ご参考にどうぞ。

 

おすすめの退職代行はコレ

 

 

それでは、

具体的なオススメの退職代行サービスを紹介します。

 

退職代行のサービスは色々とあります。

いろいろあり過て、
どこに頼んだら良いのか戸惑ってしまいますよね。

 

そこで、

私なりに調査をさせていただいて、

総合的に判断をさせていただきました。

 

 

総合的な判断に関して

 

総合的な判断の判断基準は、

 

①費用

②労働組合か?

③アフターフォロー

 

以上3点です。

なぜこの3つなのかですが、

 

①費用

に関しては、
安い方がいいですよね。

弁護士に依頼すると、最低でも5万円はかかります。

弁護士依頼を抜きにして、考えました。

 

なお、

やっぱり弁護士に任せたいと言う人には、
コチラを紹介します。

調べた限りでは最安値です。

 

相談無料

料金は55,000円 

オプション費用(残業代など)は回収額の20%

 

詳しくはこちら ↓

 

 

まずは、

無料相談をしてみたらと思います。

費用は高めですが、
弁護士が対応なので安心です。

 

②労働組合か?

に関しては、
安ければ良いというものではなく、
トラブルに巻き込まれてしまっては大変です。

そうすると、

弁護士以外に、会社と交渉ができるのが、

労働組合になります。

判断基準にしました。

 

③アフターフォロー

に関しては、
退職代行を利用した後が、大事と考えたからです。

一つには、
退職代行を利用した後も、
会社との協議は続いており、
その後のことなども気になりますよね。

また、
転職まで対応してくれたらありがたいです。

 

以上、

3つの判断基準で、
総合的な判断をしました。

 

 

比較表

 

 

 

 

 

 

オススメの退職代行

 

上記の結果をふまえて、

 

オススメの退職代行はコチラです。

 

繰り返しになってしまいますが、

 

◉男性であれば ↓

 

【男の退職代行】

 

 

◉女性であれば ↓

 

【わたしNEXT】

 

 

その理由は、3つあります。

 

①男性・女性それぞれ対応している

②金額が安い

③労働組合が運営している

 

解説します。

 

 

①男性・女性それぞれ対応している

 

男性には男性特有の悩みがあり、
女性には女性ならではなの悩みがあって、

 

それぞれ抱える問題は異なります。

 

であるならば、

退職代行もそうあるべきです。

 

男性・女性それぞれ専門スタッフが対応し、

 

利用されるお客様の悩みに寄り添って、
対応してくれています。

コレは、

他の退職代行にはないことです。
メリットとして挙げられます。

 

その結果、

 

わたしNEXTは、

女性退職代行サービスとして、

 

「女性が選ぶ№1」

「顧客満足度№1」

「対応スピード№1」

 

女性退職代行サービスで、3冠を達成しています。

 

さらに、

転職サポートまでついていて、
次のことまで考えてくれていることは、

高く評価できます。

 

 

②金額が安い

 

費用の面を他社と比較しても、最安値と言えます。

相場は 30,000円前後です。

 

男性の退職代行=26,800円

女性の退職代行=29,800円

 

上記費用で、追加料金なし、

さらに転職サポート付き、

 

オススメします。

 

 

③労働組合が運営している

 

労働組合だから確実に退職できます。

 

「退職成功率100%」です。

 

早ければ数分以内、
遅くても数時間以内に対応する

 

「対応スピード」が高く評価されてます。

 

利用者からすれば、
早く手続きをしてもらいたいですよね。

 

 

また、

 

男性の退職代行

わたしNEXT

 

に関しては、

さらに詳しく検証しております。
下記の記事を読んでください。

 

 

以上、

参考にして判断して下さい。

 

最後に、

退職代行を利用することは、
恥ずかしいことではありません。

 

次への、

 

選択肢の一つです。

 

ゆっくりと、

自分を見つめて、

考えてみて下さい。

 

 

男の退職代行はコチラ ↓

 

 

女性の退職代行【わたしNEXT】はコチラ ↓

 

 

 

 

-退職代行

© 2022 自分軸プロジェクト Powered by AFFINGER5